雄大な天塩川の流れと自然味あふれる大地に包まれた街、天塩町へようこそ。 雄大な天塩川の流れと自然味あふれる大地に包まれた街、天塩町へようこそ。 雄大な天塩川の流れと自然味あふれる大地に包まれた街、天塩町へようこそ。 雄大な天塩川の流れと自然味あふれる大地に包まれた街、天塩町へようこそ。 雄大な天塩川の流れと自然味あふれる大地に包まれた街、天塩町へようこそ。

新型コロナワクチン接種のお知らせ

天塩町では、令和3年5月17日より国が示す順位に従い接種を開始します。65歳以上(昭和32年4月1日以前生まれ)の方へは個別にご案内を送付しております。それ以外の方には、接種日が決定しましたら、順次個別通知によりご案内します。

65歳以上の方の接種がはじまります

65歳以上の方へ「ご案内」「接種券」「予診票」を送付しております。接種を希望される方は、同封の資料をよくお読みいただき、受付期間内にご予約下さい。

接種期間 1回目:5月17日(月)~21(金)
2回目:6月7日(月)~11日(金)※予定
受付期間 午後①1:00 ②1:30 ③2:00 ④2:30
⑤3:00 ⑥3:30 ⑦4:00 ⑧4:30
接種内容 1人2回 ファイザー社製ワクチン
接種場所 天塩町立国民健康保険病院
接種料金 無料
予約受付締切 5月6日(木)まで(受付時間 8:30~17:15)
※土・日・祝日(ゴールデンウィーク含む)のお申し込みは受付できませんので、ご予約はお早めにお願いします。
予約・問合せ先 福祉課ふれあい係
TEL:01632-2-1728(福祉課直通)

▲このページのトップへ戻る▲

接種を受ける際の同意

ワクチンを受けるには、ご本人の同意が必要です。
現在、何かの病気で治療中の方や、体調など接種に不安のある方は、事前にかかりつけ医とご相談ください。
予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただきますようお願いします。

▲このページのトップへ戻る▲

今度の接種予定について

次の通り接種を予定しています。

接種順位と区分 接種案内時期 接種開始時期
①医療従事者等 4月
②高齢者
令和3年度中に65歳以上に達する方(昭和32年4月1日以前に生まれた方)
4月14日発送 5月17日~
③基礎疾患を有する方(※)及び高齢者施設等の従事者 5月以降 6月以降
④上記以外の方(16歳以上)

※「基礎疾患を有する方」とは(令和3年3月18日時点)

● 昭和32年4月2日以降に生まれた方のうち、次の病気等で通院または入院中の方

  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(ただし、脂肪肝や慢性肝炎を除く)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合))

● 昭和32年4月2日以降に生まれた方のうち、基準(BMI30以上)を満たす肥満の方
※ BMI30の目安:身長170cmで体重約87kg、身長160cmで体重約77kg

 基礎疾患を有する方で、接種に際して気になることがある場合、事前にかかりつけ医へご相談ください。

▲このページのトップへ戻る▲

接種までの流れ

  1. 接種券(クーポン券)が届きます
    • 町から「接種券(クーポン券)」と「新型コロナワクチン接種のお知らせ」「予診票」が個人宛てに郵送で届きます。
    • 65歳以上の高齢者の方へは、令和3年4月14日に発送します。
    • 接種券は大切に保管してください。
  2. 予約
    • 接種券の到着後、接種予約を行ってください。
    • 65歳以上の方は電話予約となります。
    • 基礎疾患のある方、64歳以下の方の予約方法については、電話予約のほか、スマートフォンやパソコンからのWeb予約が行えるよう準備をすすめています。
    • アレルギーがある方など、接種に関して不安がある方は、事前にかかりつけ医へ相談してください。
  3. 接種
    • 「接種券(クーポン券)」「本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)」「予診票(記入したもの)」を持参して、接種を行います。

住民票がある場所(住所地)以外での接種について 

  • 入院・入所中の医療機関等でワクチン接種を受ける方→医療機関や施設へご相談ください。
  • 基礎疾患があり治療中の医療機関でワクチン接種を受ける方→医療機関へご相談ください。
  • お住まいが住所地と異なる方→実際にお住まいの市町村の相談窓口へお問合せください。
  • 町外に住民票があり天塩町で接種を希望される方は、福祉課ふれあい係(2-1728)までご連絡ください。

▲このページのトップへ戻る▲

ワクチンの種類と接種回数

 国が供給を受けることについて契約締結または基本合意に至っている3社のワクチンは次のとおりです。

製薬会社 ワクチンの種類 接種回数 接種間隔
ファイザー社 mRNAワクチン 2回 21日
アストラゼネカ社 ウイルスベクターワクチン 2回 28日
武田/モデルナ社 mRNAワクチン 2回 28日

※ 1回目と2回目は、同じ種類のワクチンを接種する必要があります。

▲このページのトップへ戻る▲

接種による健康被害救済制度

 ワクチン接種後に健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合は、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)を受けることができます。

▲このページのトップへ戻る▲

ワクチン接種に関する相談窓口

対応内容 窓口 電話番号 受付時間
天塩町におけるワクチン接種や接種券に関するお問合せ 福祉課ふれあい係 01632-2-1728 平日8:30~17:15
ワクチンの副反応等に関する相談、副反応発生時の受診に関するアドバイス、ワクチンの有効性・安全性に関する情報提供 北海道新型コロナワクチン接種相談センター 0120-306-154 9:00~17:30(土日・祝日も受付)
ワクチン接種全般に関すること 厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター 0120-761-770 9:00~21:00
(土・日・祝日も実施)

▲このページのトップへ戻る▲

関連情報

▲このページのトップへ戻る▲

よくある質問

全般

  1. ワクチン接種の目的はなんですか?
     新型コロナウイルス感染症の発症を予防し、死亡者や重症者の発生をできる限り減らし、結果として新型コロナウイルス感染症のまん延防止を図ることが接種の目的です。
    また、多くの方に接種をうけていただくことにより、重症者や死亡者を減らし、医療機関の負担を減らすことが期待されています。
  2. ワクチンは接種しなければなりませんか?
     強制ではありません。接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行うことになります。
  3. 接種券を他の人に譲ってもよいですか?
    接種券は本人のみが利用できるものですので、他の人に譲ることはできません。

対象者

  1. 何歳から接種できますか?
     当面、対象年齢は16歳以上です。
  2. 「基礎疾患を有する者」に当てはまることを証明するために、診断書は必要ですか?
     診断書等は必要ありません。予診票に記載していただき、必要があるときは、問診で病気や治療の状況などを確認します。
  3. 妊婦は接種できますか?
     接種は可能ですが、産婦人科の担当医にご相談いただきますようお願いします。
  4. ワクチンを受けられないのはどのような人ですか?
     一般に、37.5℃以上など明らかに発熱している方、重篤な急性疾患にかかっている方、ワクチンの成分に対しアナフィラキシーなど重度の過敏症(全身の皮膚症状、呼吸困難、頻脈、血圧低下等)の既往歴がある方等はワクチンを受けることができません。ご自身が当てはまると思われる方はワクチンを受けても良いか、かかりつけ医にご相談ください。
  5. 接種券が届いたが、天塩町から引っ越す予定です。その場合はどこで接種を受けられますか?
     接種日時点で住民票の有する市町村で接種を受けることができます。接種日時点で天塩町の住民でない方は、天塩町の接種券を使用することができません。引っ越し先の市町村で発行される接種券を使用してください。

ワクチン

  1. 効果はありますか?
     今回新たに承認された新型コロナワクチンは2回の接種によって、95%の有効性で発症(発熱やせきなどの症状が出ること)を防ぐ効果が認められています。
  2. ワクチンの種類は選べますか?
     接種を受ける時期に供給されているワクチンを接種することになります。複数のワクチンが供給されている場合も、2回目の接種では、1回目に接種したワクチンと同じ種類のワクチンを接種する必要があります。
  3. 副反応はどのようなものがありますか?
     因果関係が不明なものを含め、接種部位の痛み、頭痛・倦怠感・筋肉痛などの事象が考えられます。海外では、まれな頻度でアナフィラキシーが報告されています。もし、アナフィラキシーショックが起きた時には、医療機関ですぐに治療を行うことになります。

▲このページのトップへ戻る▲

防災無線フリーダイヤル

防災無線が聞き取りにくい場合、録音音声により固定電話・携帯電話から利用できます。ただし、1時間以内での対応となっております。

フリーダイヤル0800-800-1545 (通話料無料)

混み合っている場合は、時間をおいて再度おかけ直しください。

天塩町の人口

人口 2,930 (-34)
1,476 (-11)
1,454 (-23)
世帯数 1,501 世帯 (-9)

令和3年3月末現在