雄大な天塩川の流れと自然味あふれる大地に包まれた街、天塩町へようこそ。 雄大な天塩川の流れと自然味あふれる大地に包まれた街、天塩町へようこそ。 雄大な天塩川の流れと自然味あふれる大地に包まれた街、天塩町へようこそ。 雄大な天塩川の流れと自然味あふれる大地に包まれた街、天塩町へようこそ。 雄大な天塩川の流れと自然味あふれる大地に包まれた街、天塩町へようこそ。

国民健康保険税

国民健康保険税について

 平成20年4月より75歳以上の方全員が加入されることとなる「後期高齢者医療制度」が始まっております。健康保険法の一部改正や後期高齢者保険に対する支援金制度が創設される事等によって、国民健康保険税が変わります。
これまでの国民健康保険税は、医療分と介護分を併せて課税させていただいておりましたが、平成20年度より新たに「後期高齢者支援金分」を合算して課税する事となります。

年金からの天引き(特別徴収)について

 これまで国民健康保険税は、納付書または口座振替のいずれか(普通徴収)により納めていただいていましたが、20年度から、前期高齢者(65歳以上75歳未満)のみで構成される世帯(国民健康保険加入者がすべて65歳以上75歳未満)は、原則として年金から天引きする「特別徴収」という納付方法に変わります。

こんなときは特別徴収しません(普通徴収)

  1. 世帯主が国保被保険者以外の場合
  2. 世帯主の年金受給額が年額18万円未満のとき
  3. 年金支払月において、介護保険料と国民健康保険税の期別納付額の合算額が、その月に受け取る年金額の2分の1以上になるとき
  4. 介護保険料が特別徴収されていないとき
  5. その年度に、世帯主が75歳になるとき

普通徴収による納期・納付方法はかわりません

6月・7月・8月・9月・10月・11月・12月・1月・2月・3月 計10回に分けて納付をいただきます。

税額の算出方法

 国民健康保険税は、加入者の収入に応じて計算される「所得割」、加入者の固定資産税に応じて計算される「資産割」、加入者数に応じて計算される「均等割」、1世帯にかかる「平等割」の合計で算定されます。
平成20年度から、40歳未満の方は、医療保険分+後期高齢者支援金分を合わせて納めます。
40歳から64歳の方は、医療保険分+後期高齢者支援金分+介護保険分を合わせて納めます。
65歳から75歳未満の方は、医療保険分+後期高齢者支援金分を合わせて納めていただくことになります。
なお、75歳以上の方は、後期高齢者医療制度への移行となります。

納税義務者は世帯主

 国保税の納税義務者は世帯主です。世帯主が国保に加入していなくても、世帯員が加入していれば世帯主に課税することになります。

課税の方法(月割賦課)

 国民健康保険の資格を取得した月から保険税がかかります。
年度途中からの加入・脱退については月割りで計算します。

税率(平成31年4月~)

区分 医療給付分 後期高齢者支援金分 介護納付金分 内容
所得割 7.9% 2.5% 1.8% 課税標準額に対し
被保険者均等割 29,500円 9,400円 9,200円 加入者1人あたり
世帯別平均割 20,400円 6,500円 4,700円 1世帯あたり
課税限度額 610,000円 190,000円 160,000円 この金額以上の課税なし

※平成30年度より「資産割」は廃止となりました。
※合計額の100未満は切り捨て
※課税標準額・・・前年の所得額から基礎控除330,000円を控除した金額

国民健康保険税の軽減について

 低所得者の国民健康保険税の負担を軽くする制度(2割・5割・7割軽減制度)があります。
また、所得の申告をされていないと、基準に該当しているかどうか判断できないため、軽減制度は適用されません。
所得の申告をしていない世帯主(国保加入者でない世帯も含みます。)、加入者は所得の申告をしてください。

問い合わせ先: 住民課 税務係 TEL:01632-2-1001(内128・129)

防災無線フリーダイヤル

防災無線が聞き取りにくい場合、録音音声により固定電話・携帯電話から利用できます。ただし、1時間以内での対応となっております。

フリーダイヤル0800-800-1545 (通話料無料)

混み合っている場合は、時間をおいて再度おかけ直しください。

天塩町の人口

人口 2,998 (-22)
1,500 (-10)
1,498 (-12)
世帯数 1,525 世帯 (-6)

令和元年10月末現在