雄大な天塩川の流れと自然味あふれる大地に包まれた街、天塩町へようこそ。 雄大な天塩川の流れと自然味あふれる大地に包まれた街、天塩町へようこそ。 雄大な天塩川の流れと自然味あふれる大地に包まれた街、天塩町へようこそ。 雄大な天塩川の流れと自然味あふれる大地に包まれた街、天塩町へようこそ。 雄大な天塩川の流れと自然味あふれる大地に包まれた街、天塩町へようこそ。

天塩町不妊治療費等助成事業

不妊治療費の助成

対象者

下記の全てに該当する方

  1. 法律上の婚姻をしている夫婦
  2. 夫婦ともに1年以上、天塩町に住民登録をしており、かつ居住している方
  3. 夫婦の前年の所得の合計が730万円未満の方
  4. 夫婦ともに各種健康保険に加入している方
  5. 町税等の滞納がない方
  6. 他の市町村から同一治療において、同様の助成を受けていない方
  7. 特定不妊治療・男性不妊治療においては、北海道が実施する特定不妊治療費助成の決定を受けた方
    ※夫婦の前年の所得の合計額とは、総収入金額から税法上の必要経費を引いた額(控除後の額)となります。

助成内容

一般不妊治療 特定不妊治療 男性不妊治療
治療の
種類
保険が適用される不妊検査、手術療法、タイミング療法、薬物療法、保険が適用されない人工授精 保険が適用されない体外受精、顕微授精。 特定不妊治療に至る過程の一環として行う、精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術。
助成の
内容
1年度あたり10万円を限度に、自己負担の7割を助成。

最初に申請のあった年度から、連続して3年間助成します。

1回の治療につき、かかった費用から北海道の助成金を差し引いた額に対して、20万円を限度に助成。  1回の治療につき、かかった費用から北海道の助成金を差し引いた額に対して、10万円を限度に助成。

※入院した場合の食事療養費、個室料、文書料等は助成対象とはなりません。

申請の手続き

申請する方は、治療が終了した日の属する年度内に申請してください。
特定不妊治療・男性不妊治療の場合は、先に北海道の特定不妊治療助成の申請が必要です。

● 申請書類・必要なもの

    1. 天塩町不妊治療費等助成事業申請書(第1号様式)
    2. 天塩町一般不妊治療医療機関等証明書(第2号様式)
      又は天塩町特定不妊治療・男性不妊治療医療機関等証明書(第3号様式)
    3. 夫及び妻の戸籍謄本、又は戸籍全部事項証明書(日本国籍を有しない場合は住民票の写し)
    4. 夫及び妻の所得の状況を明らかにする書類(天塩町の公簿で確認できる場合は不要)
    5. 不妊治療に要した費用の領収書
    6. 特定不妊治療・男性不妊治療の場合は、北海道の助成決定通知書の写し
    7. 健康保険証(夫婦ともに提示してください)
    8. 印鑑(夫婦別々の印鑑が必要です)
    9. 通帳等、振込先口座番号が確認できるもの

※申請書・医療機関等証明書の様式は、役場窓口で用意しているほか、下記からダウンロードできます。

※特定不妊治療・男性不妊治療の申請書類について、北海道助成事業の助成申請に添付した書類と共通しているものは、道の申請に添付した書類の写しとすることができます。

申請窓口

  • 天塩町役場 福祉課 ふれあい係
    相談・申請手続きは保健師が行います。保健師が不在となる場合がありますので、お越しの際には事前にふれあい係までお電話ください。
    相談・手続きは、相談室等で行います。また、相談に応じて、訪問による手続きも可能です。

不妊治療費の助成

対象者

下記の全てに該当する方

  1. 法律上の婚姻をしている夫婦

  2. 夫婦ともに1年以上、天塩町に住民登録をしており、かつ居住している方

  3. 夫婦の前年の所得の合計が730万円未満の方

  4. 夫婦ともに各種健康保険に加入している方

  5. 町税等の滞納がない方

  6. 他の市町村から同一治療において、同様の助成を受けていない方

※夫婦の前年の所得の合計額とは、総収入金額から税法上の必要経費を引いた額(控除後の額)となります。

助成内容

治療の種類 保険の適用の有無に関わらず、不育症の原因を特定するための検査、治療。
助成の内容 1回の妊娠につき10万円を限度に、自己負担の7割を助成。

申請の手続き

申請する方は、治療が終了した日の属する年度内に申請してください。

先に北海道の不育治療助成の申請が必要です。

● 申請書類・必要なもの

  1. 天塩町不妊治療費等助成事業申請書(第1号様式)
  2. 天塩町不育治療医療機関等証明書(第4号様式)
  3. 夫及び妻の戸籍謄本、又は戸籍全部事項証明書(日本国籍を有しない場合は住民票の写し)
  4. 夫及び妻の所得の状況を明らかにする書類(天塩町の公簿で確認できる場合は不要)
  5. 不育治療に要した費用の領収書
  6. 北海道の助成決定通知書の写し
  7. 健康保険証(夫婦ともに提示してください)
  8. 印鑑(夫婦別々の印鑑が必要です)
  9. 通帳等、振込先口座番号が確認できるもの

※申請書・医療機関等証明書の様式は、役場窓口で用意しているほか、下記からダウンロードできます。

※北海道助成事業の助成申請に添付した書類と共通しているものは、道の申請に添付した書類の写しとすることができます。

申請窓口

天塩町役場 福祉課 ふれあい係

相談・申請手続きは保健師が行います。保健師が不在となる場合がありますので、お越しの際には事前にふれあい係までお電話ください。
相談・手続きは、相談室等で行います。また、相談に応じて、訪問による手続きも可能です。

 関連リンク
北海道特定不妊治療費助成事業 (※http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kms/ninshin/funin.html へ)
申請書等のダウンロード

※天塩町不妊治療費等助成事業の案内

※天塩町不妊治療費等助成事業申請書【第1号様式】

※天塩町一般不妊治療医療機関等証明書【第2号様式】

※天塩町特定不妊治療・男性不妊治療医療機関等証明書【第3号様式】

※天塩町不育治療医療機関等証明書【第4号様式】

 

問い合わせ先: 福祉課 ふれあい係 TEL:01632-2-1001(内142・143)

防災無線フリーダイヤル

防災無線が聞き取りにくい場合、録音音声により固定電話・携帯電話から利用できます。ただし、1時間以内での対応となっております。

フリーダイヤル0800-800-1545 (通話料無料)

混み合っている場合は、時間をおいて再度おかけ直しください。

天塩町の人口

人口 2,998 (-22)
1,500 (-10)
1,498 (-12)
世帯数 1,525 世帯 (-6)

令和元年10月末現在